故障かな?と思ったら (1)

 オーディオ/ビデオ機器などを購入すると添付されている「取扱説明書」に「故障かな?と思ったら」という欄がある場合があります。

 

 でも、昔の機器と比べると、最近の機器はパソコンみたいに、「誤作動」したり「フリーズ」したりすることが多くなったように思いますね。
 昔の機器は、「電源スイッチ」を操作すると「ガチャッ」とか「カチッ」といった、メカニカルが手応えがあったものです。

 

 これらは、その例。 

 

 

 

 

 

 

 一部の機器のスイッチには、上の写真に示すように、「l」「○」といった表示がある場合がありました。
 この「l」は「オン」状態、「○」は「オフ」状態を示すものですが、ここでいう「オフ」とは、回路が完全に停止していて、電源プラグを抜いたのと同じ状態に出来たわけです。
(おそらく「両切スイッチ」になっていて、機器は電源ラインの「Hot側」からも「Earth側」からも切り離されていると思います。)

 

 

 最近の機器で、同様の表示がある場合、こういったものが多いです。

 

 

 

 

 

 「l」は「オン」なのですが、「上部が一部空いた ○」と「l」が組み合わされた「ф」のような記号は、「スタンバイ」を表すものです。「l と ○ の間」ということなのでしょうかね?

 

 家電量販店のひとつ「エディオン」のロゴマークにも、これと似たものが組み込まれています。

 

 

 

 「スタンバイ」状態だと、主たる機能が動いていなくても、リモコンからの赤外線信号を受光して「オン」させるための機能は活かしてあり、僅かですが電力は消費しているんですね。

 こういった表示がある機器は多くはないのですが、リモコンで「オン/オフ」できるような機器は「オン」と「スタンバイ」の切り替えかと思いますので、そういった機器でパソコンみたいに、「誤作動」したり「フリーズ」した場合には、電源を切った後、電源プラグを抜いて数分した後に動かすと、ちゃんと動く場合があります。
(電源を切ろうとしても、固まっていてオフにならず、「プラグを抜くしかない」という場合もあるかもしれません)
 数分ではダメでも、「電源プラグを抜いて一晩置くと、直っていた」という経験もあります。
 なお、「ガチャッ」とか「カチッ」といった、メカニカルな手応えがあるスイッチがある場合には、それをオフすることで、電源プラグを抜いたのと同じになる場合もあると思います。

 

 実家にあるブルーレイレコーダーですが、月イチ程度に帰ったときに電源を入れても、「固まっていて起動しない」ということが時々起こるようになりました。
 いつ固まったのかは特定できませんが、固まった以降の予約録画が出来ていないので、困ったものです。
 一旦プラグを抜き差ししてから、電源オンすると起動します。

 そこで、「懐かしいオーディオ機器」で紹介したオーディオタイマー「PT-55」を使って、予約録画を行わないような早朝の時間帯に、毎日電源をoff/onするようにして (これで、プラグの抜き差しを行っているのと同じことになります) 、ブルーレイレコーダーに毎日リセットが掛かるようにしてみました。
 これで「起動しない」や「予約録画出来ていない」が減るのかどうか、様子を見ているところです。

 でもこの方法だと、雷などで瞬間的に停電した場合、オーディオタイマーの時計が「0:00」の点滅になってしまいますので、夏場には使えないですね。瞬間的に停電しても設定が残るようなメカニカルなタイマーだと良いのかもしれません。物色中です。

 

 

 

 これも「誤作動」のひとつ.....

 ある日「地デジ」の「データ放送」が見られなくなりました。

 

 リモコンの「dボタン」を押しても、いつもの「ピポッ」という音がしませんが、TV側の受光部近くのLEDは点滅しているので、「リモコンの問題ではない」ように思います。

 

 

 買ったときに行う「CH設定」をやり直してみましたが、効果なし.....

 

 ・・・・・・・・・・

 

 しばらく考えましたが、このTVには、前枠の底面に「主電源スイッチ」がありました。

 

 

 

 

 

 「l」と「○」が組み合わされた表示がありますので、これを「オフ」にすれば、電源ラインから完全に切り離されます。

 

 

 もしかしたら.....と思い、このスイッチを「オフ」にした後、しばらくしてからTVの電源を入れて「dボタン」を押してみると、見事に「復旧」しました。
 これも「誤動作」だったようです。

 

 「主電源」スイッチの無いTVの場合は、プラグをコンセントから抜けば同じことが出来ると思いますが、録画機能のあるTVなどでは、録画や再生を止めた後、リモコンで「スタンバイ状態」にしてから、プラグを抜くようにしないと、録画したものが読めなくなってしまう可能性があると思いますので、そこは注意が必要です。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、「最近の機器」ではなく、管理人がいつも使っている、IBM製のキーボード「5576-A01」ですが、ある日突然、「H」キーが反応しなくなりました。

 

 最初は、「H」キーを押してもいないのに、画面に「hhhhhhhhhhhhhhhhhhhh.....」と勝手に入力されてしまい、PCを再起動すると、今度は何度「H」キーを打っても、全く反応しない状態に。

 「とうとう寿命か?」と焦りましたが、いろいろなキーを打ってみると、「H」キーだけでなく、「Caps Lock」キーも反応無し。
 「隣同士でもない2つのキーが、同時に故障」なんて、「寿命」とも考えにくいですし、「異物混入」とも思えません。
 一方で、パソコン本体である「ThinkPad」側の「H」キーや「Caps Lock」キーは、正常に動きます。

 PCの電源を落として「5576-A01」のケーブルを抜き差しして再起動しても「ダメ」。次は「5576-A01」を一旦外し、半日ほど放置、その間は「Think Pad」側のキーボードを使っていました。
 さて、管理人の得意な「放置プレイ」の後、接続して再起動すると、ちゃんと動くようになりました。 何が起こっていたのかはよく判りませんが、ある種の「誤作動」だったのでしょうか?
 「故障」じゃなくて良かったですが、PCのキーボードがおかしくなり、再起動しても直らないときには、こういった方法が有効な場合があるかもしれません。

 でも、ノートPC内蔵のキーボードがおかしくなった場合、どうしましょうかね? もしかしたら、「ACアダプターとバッテリーを外して、しばらく放置」したら良くなるのかもしれません。
 管理人の持っている「ThinkPad」の場合は、バッテリーが外せますが、バッテリーが外せないようなノートPCだと困りそうです。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 先日、とあるバスに乗っていたら、途中から妙に遅くなってきました。
 バス停に早く着きすぎるのを避けるために、意図的に「ゆっくり」運転しているとかと思っていたら、バス停でもないところに停車し、本部?に連絡を始めました。
 運転手の会話を聞いていると、どうやら「充電異常」を検出して、スピードが上がらなくなっている様子。
 その後、一旦エンジンを切り、再始動した後は、順調に走ることが出来ました。
 再始動直後は、システムが起動しきれていなくて、料金を表示するディスプレイには、PCの起動画面のようなが出ていませんでしたが、これも復帰。
 バスでも、「誤動作」ってあるんですかね?

 さて、停まることの出来る「バス」なら再起動も平気で、10分程度遅れただけで済みましたが、こういったことが飛行機で起こったら、どうなるんでしょう?
 おそらく「幾重ものシステム」が起動されていて、ひとつがおかしくなったことを検出すると、別のシステムに移行し、その間に再起動して復旧、なんてことになっているのでしょうかね?

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー -

 

 ある日、電子レンジがおかしくなりました。

 

 加熱しようとしても、「C02」の表示が出て止まってしまいます。
 取説に拠れば、「回転台と丸皿がセットされていません。回転台と丸皿をセットして加熱します。」とのこと。
 回転台と丸皿はちゃんとセットしてあるように見えたのですが、念のためセットし直して再度スイッチオン。
 しかし同様に「C02」の表示が出て止まってしまいます。

 取説に拠れば、「正常にならない場合は、差込プラグを抜き、お買い上げの販売店に修理を依頼してください」とのこと。
 修理を依頼すれば「部品代+技術料+出張費」で「¥10,000」程度はするでしょうし、「時間を設定して、チンするだけ」の使い方しかしていませんので、それであれば「¥10,000」程度で新品購入できます。

 「ダメもと」で、電子レンジの内部 (上下面、側面、奥、手前) や、回転台などをよく拭いて、プラグを抜いて1時間ほど放置、これでダメなら翌朝まで放置、それでもダメだったら「¥10,000」のレンジを買いに行くつもりでした。

 さて、約1時間の放置後、再度加熱しようとしたら、「あらら!!」、ちゃんと動くようになりました。
 「電子レンジの内部をよく拭いた」のと「プラグを抜いて1時間ほど放置した」のとで、どちらが効いたのかは、今となってはわかりませんが、「やれやれ」です。
 これだけのことでも、販売店から誰かに来てやってもらったら「技術料+出張費」は請求されるでしょうからね。

 

 とまあ、こんな感じで「誤作動から復旧」させることで、突然の予期せぬ支出を回避できる場合があり、管理人も何度かこの方法で切り抜けています。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 余談ですが、「誤動作」「誤作動」を英語で言おうとして日本人が考えると「mis-operation」と思いがちです。(「誤解」は、英語では「misunderstanding」ですからね)
 でも「mis」には「無い」という意味もあって、「mis-operation」と言うと「no-operation」(動作しない) といった意味に伝わってしまうようで、「誤動作」「誤作動」は「malfunction」(マルファンクション) と云うと伝わるようです。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「最近の機器 トップページ」へ