熱に対する注意

 これは熱で変形してしまったレコードです。

 

 30年以上昔の話ですが、レコードを購入した後、30cm角もあるレコードを持って歩くのが面倒で、車内に置いて別のところに出掛けてしまいました。
 数時間後に戻ってきたのですが、家に帰ってきてから取り出しているとビックリ!
 演奏させてみると、カートリッジがピョンピョンと跳ねて、トレース出来ませんし、針が傷みそうです。

 

 

 

 カセットテープやCDは、炎天下の車内に置いたままでも、数日くらいなら大丈夫ですが、レコードは数時間でダメですね。
 そういった意味でも、カセットテープやCDは、愉しめる場を大きく拡げたと言え、その功績はとても大きかったと思います。

 熱で変形したこのレコードは何の役にも立ちませんが、なぜか捨てずに実家に保管されていました。
 「いつかターンテーブルに吸着システムを追加すれば演奏できるかも?」なんて、当時は考えていたのかもしれませんが、それよりはもう1枚買ったほうが安いです。
 その後は、CDが主流になったので、吸着システムは購入しませんでしたけどね.....

 こんな恥ずかしい失敗をする人は、管理人以外にはいないのかもしれませんが、中古レコード店を何件も廻って、「やっと手に入れたレコード」が、買った後でこんなことになってしまっては大変ですので、ご注意ください。

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「レコード トップページ」へ