レコード型コースター

 これは、LPレコードのレーベル部分を用いたコースターで、CDよりもやや小さいサイズです。

 

 

 

 LPレコードと並べてみても、レーベル部分の大きさが等しいことが判ります。

 

 

 

 上に飲み物などを置くことを想定してか、表面にはフィルムが張られていて、レーベルを保護しています。

 

 

 

 中央の穴も、フィルムで塞がれています。

 

 

 

 最近ヤフオクで入手したものですが、管理人が高校生の頃、駅近くの「新星堂」で売られていた記憶があります。
 LPの「レーベル部分を切り取って作った」ものなのか、始めからコースターとして「LPを模して作った」ものなのかは不明ですが、下の写真の中心部分を見ると、穴部分の傷みがとても「リアル」なので、LPレコードとして何度も演奏されたものが、使われているのかもしれません。

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これも、レコード型のコースターですが、こちらは始めから「コースター」として作られたもの。
 上で紹介したものと「ほぼ同じ」大きさです。

 

よく見ると、音溝は螺旋状になっていなくて、同心円状になっています。

 

 

 実際のLPレコードと並べたものですが、レーベル部分が、相対的にやや大きめですね。

 

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 

 こちらは、「ドーナツ盤」を模したもの。

 

 

 実際の「ドーナツ盤」と比べると、半分くらいの直径です。

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは「100均」にあった、「ラバーミニマット」。
 耐熱性は無いので、コースターとしての使用はできず、「インテリア用品」という位置付けです。

 

 

 LPレコードと比較すると、この大きさです。

 

 

 

 この「100均」には、さらに「カセットテープ型」の「ラバーミニマット」もありました

 

 

 実際のカセットテープよりも「やや大きめ」です。

 

 

前ページへ <

「レコード トップページ」へ