好きなうた、好きな曲 (4)

 これも、20年以上昔の曲が多いですが、こちらも、管理人がまだ一度も「生」で拝見させて頂いたことのない方々です。

 こちらもちょこちょこと追加予定ですが、何か思い出したことがあれば書き加えます。歌詞とかジャケット写真は載せませんよ。

 

 

1) 風の街 / ハイ・ファイ・セット  作詞:大川茂・松本隆 作曲:山本俊彦
  東芝EMI ETP-10192 (1977年発売)

 ハイ・ファイ・セットの曲で有名なものはたくさんありますが、この曲は'70年代後半のもので、スクーターのCMに使われていました。八千草薫さんが乗ってたように記憶しています。
 ハイ・ファイ・セットの曲では、「女性ボーカル」+「男性コーラス」という構成が多いのですが、この曲は男性ボーカルが前面に出ていて、都会的で明るい曲調が好きです。
 あ、好きな曲は、もちろん他にもたくさんありますよ。

 発売当時学生だった管理人は、そんなにお金も無かったのでレコードを買うことはなかったのですが、就職してからベスト版CDで聴けるようになり、ヤフオクでシングルレコードも入手しました。
 最近のTVやFMでは、なかなか聴くことが無い曲ですけどね。

 グループ名ですが、「Hi-Fi SET」と英語表記される場合もあります。

 

 

2) 赤いトゥーシューズ / 松本伊代 作詞:篠塚真由美、作曲:田中弥生、佐藤健
 ビクター音楽産業 SJX-30199 (1983年発売)

 LP「エンドレス・サマー」のA面5曲目に収録されている曲ですが、高域を落とすことで「AMラジオから聞こえてきているような音」に仕上げた、この独特の世界が印象的です。
 「伊代ちゃんの声」ってちょっと高域が落ち気味?だったので、それをデフォルメしたのでしょうか?
 尾崎亜美さん作詞・作曲の、「時に愛は」「流れ星が好き」が好きなのは云うまでもなく、この2曲他が収録されたアルバム「SugarRain」(1984年発売、ビクター音楽産業 SJX-8104) は、全作詞・作曲が尾崎亜美さんです。
 この頃の曲は、管理人が期日までに「卒業論文」を纏めようと「ひ~ひ~」していた頃を思い出します。

 

 

3) 二人 / 小泉今日子 作詞/作曲:飯島真理
 ビクター音楽産業 SJX-30271 (1985年発売)

 7枚目のLP「FLAPPER」の最後の曲で、小泉今日子さんの曲では「優しい雨」「あなたに会えてよかった」も、もちろん好きなのですが、それ以上に好きな曲で、飯島真理さんといえば「超時空要塞マクロス」の「リン・ミンメイ」ちゃんを思い出します。
 また、「FLAPPER」のA面2曲目に収録されている「ウインク・キラー」の原曲は、フュージョンバンド「SQUARE」の和泉宏隆氏作曲の「OMENS OF LOVE」で、これに松本隆氏が詞を付けたもののようです。
 小泉今日子さんのアルバムでは、この「FLAPPER」というアルバムが一番好きですね。管理人が就職した直後で生活が大きく変わった頃を思い出すことも含めてですが.....

 

 

4) 予感 / 斉藤由貴 作詞:斉藤由貴、作曲:亀井登志夫
 ポニーキャニオン D32A0339 (1987年12月発売)

 「カルピス」のCMでも使われていたように記憶していて、「この人となら、一緒に生きていけるかも」と感じた瞬間を表現した曲。
 3枚目のアルバム「チャイム」に収録されていたようですが、管理人はベスト盤「YUKI'S BRAND」で知りました。
 ちなみに「YUKI'S BRAND」に収録された曲は、全曲が斉藤由貴さんの作詞。

 当時はSTAXのコンデンサー型ヘッドホン ( STAXでは、「イヤースピーカー」と呼んでいたように記憶しています) を購入、その音に驚いていた頃で、ベスト盤「YUKI'S BRAND」に収録されていた「予感」と、Instrumentalの「千の風音」、それと全曲アカペラ風に構成された「ripple」というアルバムをよく聴いていました。
 高級な製品を使う以上、クラシックを聴くのかと思いきや、管理人の場合、全然そうではないんです (笑) 。
 会社の同期だった某氏が「千の風音」をSTAXのヘッドホンで聴いて、「弦の一本一本が見えるみたいです」と言っていたのを今でも覚えています。

 アルバム「PANT」に収録された「かわいい、あたし」という「素っ頓狂」な曲も好きで、「こういった曲を作れる人って天才なんじゃないか?」って管理人は思います。
 好きな曲は、もちろん他にもたくさんあります。

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「その他 トップページ」へ