番外編 (AQ5311D BK)

 iiyamaから2002年頃に発売された20.8インチのディスプレイ、「AQ5311D BK」です。
 フレームが白い「AQ5311D」もあったようです。
 発売当時 (2002年) は50万円以上したようですが、管理人は2010年頃に「発売当時の1/10程度」の価格で入手しました。

 

 上の写真では一時的に壁紙を変えていて、壁紙の「青い部分」がFull-HDですが、XGA解像度「1024×768」に対して縦横にそれぞれ2倍あるQXGA (2048x1536) は、Full-HD (1920×1080) よりも広い作業画面です。
 でも最近のPCのアナログ出力については、「1920x1080」あるいは「1920x1200」までしかサポートされていないものが殆どかと思います。 

 WindowsXPが使われていた頃、IBM-PCなどでは「2048×1536」まで対応したものがあり、三菱製の22インチのダイヤモンドトロン (ブラウン管) を採用した、IBMブランドの「C220p」が「2048×1536」に対応していました。
 Excelでデータ分析する際に広大な画面がほしいと考えていた管理人は、当時「C220p」を使っていましたが、地磁気の影響を受けるブラウン管だと画面を縦にして使うことは出来ません。
(ムリに廻しても色純度がメチャメチャになるだけです。モノクロのブラウン管ディスプレイには画面を回転できるものがありましたけどね。)
 液晶の画質は、やはりブラウン管には敵わないと思うものの、「縦に使える」ということから、AQ5311Dの中古品をヤフオクで「お安く」入手し、「C220p」を手放しました。

 「2048×1536」の解像度は広大で、これを縦にして使えば、Webを閲覧するときにも、「画面が狭い」と感じることは少なくなりましたね。
 また、動画を見るのでれば「16:9」が使い易いですが、縦と横が混在する写真や文書を見るのであれば、「4:3」のほうが使い易いような気がします。
 でも今では、ハイビジョンTVと共通した部材が使えそうな「16:9」の画面が多く、「4:3」のディスプレイは見つけ難くなりましたね。
 「AQ5311D BK」は、おそらく「IPS」方式と思われ、視野角が広く斜め方向から見たときに大きく色が変わることもありませんし、「ノングレア」ですので、外光の映り込みが少なく見やすく感じます。
 ファンの動作音が大きいことが「いまひとつ」で、色の鮮やかさは最近の製品には敵わないものの、もうしばらくは使い続けると思っています。

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 昔の話になりますが、1990年代の前半、Windows ver. 2.1 / ver. 2.11 / ver. 3.0が発売されていた頃、パソコンと言えば、NECの「PC-9801シリーズ」が主流で、多くの方は「DOS」上のアプリケーションを使っていて、Windowsをインストールしているのは、最先端のモノが好きな「一部のユーザーだけ」だったと思います。

 当時の多くのパソコンユーザーは、「640×400」の画面で作業をしていたのですが、Windows上で「640×400を超える解像度」で表示させようとした場合、グラフィックボードだけで¥100,000 程度はしましたし (それでも、XGAの256色表示だったと記憶しています) 、それに対応したディスプレイを買おうとすると、最低でも20万円弱したように思います。(それも長残光の蛍光体を用いた「インターレース・スキャン」方式のブラウン管型モニタでした)

 20インチクラスの高級なものでは60万円弱していましたが、これは「パソコンに繋ぐ」というよりは、パソコンとは別格の「ワークステーションに繋ぐ」といった使い方が多かったと思います。

 当時、晴海で行われていたイベント (「エレクトロニクス・ショー」or「ビジネス・ショー」) で、サン・マイクロシステムズのワークステーションを見たときには、ものすごく高価/高性能なコンピューターで、ものすごく高解像度な画面 (おそらく、1280×1024 or 1600×1200 といった解像度だったと思います) に思えていましたし、画面も当時のWindowsよりも更に未来的なものに思えました。

 当時想像もしなかったような高精細な画面を表示できるディスプレイも、今では身近なものになりましたが、管理人が「AQ5311D BK」を安価に入手するまでには、ディスプレイにも「いっぱい」散財してしまいました (笑) 。

 「QXGA」を超える解像度の「有機EL」ディスプレイで、「安価に入手できるもの」が出てくるまでは、このディスプレイを使い続けるのかもしれません。
 パソコンは、発売から10年程度経過すれば「遅いカモ?」ってなりそうですが、2002年に発売されたこのディスプレイは「もう暫くは」使えそうです。

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「ちょっと前の機器 トップページ」へ