番外編 (UM-680)

 これは、かなり昔の真空管ラジオ「UM-680」ですが、最近オークションで入手したもの。

 

 

 電源を「オン」するとダイヤルライトが点灯し、外観に「温かみ」が出てきて、右上にある「マジックアイ」が光ります。

 

 ラジオの背後にあるカーテンの一部が、裏蓋の開口部から漏れている光で照らされています。

 

 

 これが背面。

 

 

 本体前面に機種名は見当たりませんが、裏の右下に見つかります。

 

 

 

 「最高の品質 / 真空管はナショナル?」と読めるようなシールが貼られており.....

 

 「ブラウン管」を含めて考えれば、この頃から「TVがプラズマ/液晶方式に入れ替わる」'00年代までの間、真空管は「経営の柱のひとつ」だったかと思われます。

 

 

 内部には「ナショナル」のロゴの付いた真空管が並びます。

 

 

 6つの真空管が使われているようです。

 

 

 

 おそらく「5球スーパー」という方式かと思われ、「6E5」が見当たりませんが、それが「マジックアイ」で、これも「真空管のひとつ」です。
 「6E5 真空管」で検索すれば、「マジックアイ」の情報は容易に得られます。

 

 

 スピーカーも「ナショナル」製で.....

 

 

 このコンデンサーも「ナショナル」製。

 

 この頃は「結構なお値段」でラジオを販売できたので、松下電器では主要パーツを自社開発製品で固めることが出来たのでしょう。
 今では多くの家電製品は「安売り合戦」になり、世界で最も安い部品を探してきて、それをうまく使いこなして性能を確保し、「量産現場の賃金」「仕向地までの輸送コスト」「Made in Japan でプレミアムモデルに出来るか」を考えながら適切な場所で量産するといった方向かと思います。
 また「CPU」とか「有機ELパネル」などのキーパーツにおいては「特定メーカーの寡占」が進み、自社の独自性/技術力をアピールできる製品を作るのが難しくなっているような気がします。

 

 

 裏蓋は工具を使わなくても簡単に外すことが出来て、内部の金属部分に触れれば「場所に拠っては、感電しちゃうカモ」ですが、昔の機器は、こんな感じでした。

 

 今発売されている「ACアダプタ経由ではなく、直接100Vに繋ぐ機器」で、工具無しで内部の回路に触れられるようなものはないと思います。

 昭和31年に発売され、当時「¥15,300」だったようですが、今の値段なら「¥80,000~¥100,000」くらいかと思われ、テレビを購入するくらいの金額ですが、そういった値段で当時はラジオを購入していたのですね。
 当時は、どこの家庭にもテレビがあったわけではなく、「ラジオ」も主要な情報源のひとつだったのでは?と思いますが、台風とかで停電してしまうと、殆どの「真空管ラジオ」は動きません。
 「乾電池で動くラジオ」が発売されるのには、トランジスタラジオの登場を待つことになったかと思われ、そこからは「SONY」が頭角を現すようになったようです。

 

 

 「松下電器」の製品ですが、当時の英文表記は全部が大文字の「NATIONAL」。

 

 

 現在の「Panasonic」になる前は、「N」だけが大文字の「National」でしたよね?

 

 

 

 「MAGIC - SUPER」というのが製品の名称でしょうか?

 

 「マジックアイ」が付いて、「シングル・スーパー・ヘテロダイン」だから?

 

 

当時、周波数表示に使われる単位は、「kHz / キロヘルツ」ではなく「KC / キロサイクル」で表示されていました。

 

 

 当時は「中波」のことを、「STANDARD BROADCAST」と呼ぶこともあったようです。

 

 

 

 横幅は約500mmあり、一般的なオーディオ機器よりも大きいです。

 

 木製の枠については「再塗装」されているかもしれませんが、「昭和31年の製品としては、良好な状態では?」と思います。

 

 

 「マジックアイ」は、強い電波を受信すると明るい部分が大きくなります。
 管理人が住んでいるような田舎ではなく都市部であれば、明るい部分が全開になるのかもしれません。

 

 

 

 この個体では「離調時」にも結構光っていて、初期状態がこうだったのかは不明です。

 

 

 

 左下に見えるインジケーターは「TONE」インジケーターで、「TONE」ツマミの設定によって光る場所が変わり、左端が「1 - MED」で、中間の音質特性。

 

 

 その右が「2 - FULL」で、高域が伸び.....

 

 

 その右が「3 - LOW」で、高域が減少。

 

 この頃、音質については「連続可変」ではなく、切り替えだったのですかね?

 

 

 「TONE」切り替えを「OFF」にすれば電源が切れ、電源スイッチも兼ねています。

 

 

 

 なお、真空管が使われていますので、電源を「ON」しても、音が出てくるまでには「10秒程度」掛かります。
 入手した直後は「えっ!もう壊れたの?」と焦りましたが、真空管内部のヒーターが温まるまでに時間を要しますからね。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 でも、この機種の最大の特徴は「日本で初めての、アンテナが回るラジオ」ということで、「ジャイロット」という愛称も付けられていたようです。
 前面の「ROT-ANT」ツマミを廻すと、バーアンテナを回転させることが出来ますが、オークションで数多くの「真空管ラジオ」が出品されている中で、管理人がこのラジオを選んだのも、ここがポイントでした。

 これは、「ROT-ANT」ツマミを「反時計廻り」一杯に回したとき。

 

 

 

 これは、「ROT-ANT」ツマミを「ほぼ中央」にセッティングしたとき。

 

 アンテナは反時計回りに約150度くらい回転しているように見えます。

 

 

 

 

 これは、「ROT-ANT」ツマミを「時計廻り」一杯に回したとき。

 

 アンテナは反時計回りに、更に約150度くらい回転しているように見えます。

 

 ざっと見たところ、合計で300度程度廻るように見えますが、当時の広告に拠れば「320度」回転するそうです。

 中波の場合、電波の来る方向と直角になるようにバーアンテナを合わせると最も電波を受信しますし、混信しているような場合には、聴きたくない電波の来る方向と並行になるようにバーアンテナを合わせると、聴きたくない局の音を最小に出来ますから、中波の良好な受信のためには「アンテナが回せる」というのは、とても良いアイデアかと思います。

 

 バーアンテナが回転するといえば、昭和40年代後半~50年代前半頃に、同じく松下電器から発売されていた「クーガNo.7」「クーガ115」「クーガ2200 (「にい にい まる まる」と読みました) 」などの「クーガ」シリーズの「ジャイロアンテナ」を思い出しますが、実はそれよりも10年以上前から存在していたのですね。
 管理人が最初にこの機種をオークション上で見つけたときには「えっ、嘘?」と思いましたが、40年以上前の記憶が「上書き」されました。
 「ホントに?」と思われる方も、動画を見れば「もう、信じるしかないでしょ? でしょ?」

 

 

 本機には外部入力機能もあり、音量ツマミを最小から更に「カチッ」と反時計方向に廻すことで、外部入力に切り替えることが出来、赤いインジケーターが光ります。
 「PH」とは、「PHONO」の略なのでしょう。

 

 

 当時は「PU (Pick Up) 端子」と「E (Earth) 端子」に「電蓄」を繋ぐ機能だったようなのですが、本個体ではピンジャックが追加されていて、iPadなどを簡単に繋ぐことができます。(モノラルの再生ですが)
 その際、ラジオ側での音量調整は出来ず、iPad側で音量調整することになります。

 

 

 

 

 

 外部入力時も、「TONE」切り替えが使えます。

 

 

 

 大きなスピーカーが付いていますが、音質は「Hi-Fi」といった音ではなく、「好きな曲がラジオから流れてきた!」と感じさせるような音で、「2 - FULL」だと「ラジオでFM放送を聴いている」ような、「3 - LOW」だと「ラジオでAM放送を聴いている」ような感じ。

 

 

 管理人が中学生になった頃、まだ家には「ラジカセ」は無くて、ラジオを通じて「オールナイト・ニッポン」などのDJ番組や、邦楽や洋楽の音楽番組などで、流行の曲を聴いていた頃を思い出すような音です。
 こういった「昔を思い出させてくれるような音」も、管理人は好きですねぇ。
 曲間では「ブーン」というハム音がちょっと聞こえますが、そんなこと「問題ない」です。
 本機のような機器とiPadなどを組み合わせれば、好きな曲をいつでも「AMラジオとかFMラジオから流れてきたような音で聴ける」と思うのですが、そんな需要あるんですかね? (笑) 。

 

 管理人の場合は「耳が肥えていない」ので、「音質が優れている程、良い」ってモンぢゃないんです。
 大好きな楽曲は「どんな機器で聴いても愉しい」一方で、関心の無い楽曲は「どんなに高音質で聴いても退屈」なんですよ (笑) 。
 耳が肥えていなくて、ホントにスミマセン.....

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「懐かしいオーディオ機器 トップページ」へ