番外編 (キッズケータイ)

 これは「キッズケータイ」というもの。

 

 「10キー」がなく、あらかじめ登録しておいた番号にしか発信できませんが、実家と「iPad」で「Facetime」が出来るようしたいと考えたとき、「モバイルルーター」を2個契約するのと一緒に勧められたもの。
 これを持っていれば、出先 (父親) から家 (母親) に「ちょっと遅くなる」とか、家 (母親) から出先 (父親) に「ちょっとついでに、アレも買ってきて」とか連絡できるので便利です。
 登録した番号以外にも、「110番」「119番」には掛けられますので、緊急時にも役に立ちます。

 

 このケータイには、「いまどこサーチ」という機能もあり、これは別のケータイから「ウチの子が、今どこにいるのか」といったことが判る機能なのですが、「高齢者に持たせる」というのも「アリ」かと思います。
 このケータイが「いまどこサーチ」の追加契約 (¥200/月 + ¥10/サーチ毎) をしていて、かつ、もう1台の携帯も「docomo」で、ガラケーなら「iモード」、スマホなら「SPモード」の追加契約をしていることが動作条件になるようです。
 管理人が未だに現役で使っている10年以上前のガラケー「N904i」でも「サーチ」出来ました。

 

 なお、家でサーチした結果を載せると、家の場所が「バレバレ」になってしまいますので、ここでは「キッズケータイ」を持ち出して「サーチ」しています。
 条件が良い場合には、「測位レベル2 ★★☆:誤差がおおむね300m未満」とか「測位レベル3 ★★★:誤差がおおむね50m未満」で判るようです。
 パソコンでも「サーチ」出来ましたが、「docomo系の格安SIMを使ったスマートフォン」では「サーチ」出来ませんでした。

 管理人の地元では、「○○の服を着た△△歳くらいの男性の行方がわからなくなっています、情報があれば××警察署まで連絡ください」といったような放送が、小学校近くのスピーカーから流れてくることがよくありますが、こういったものを持たせておけば、「散歩に出掛けたまま、戻ってこない」といった場合でも、警察に連絡する前に、ある程度は居場所を絞り込むことが出来そうです。

 

 なお、探されるほうの携帯が「屋内にある場合」などでは、「いまどこサーチ」の「測位レベル」が低くなり(測位レベル1 ★☆☆) 、大雑把にしか判らない場合もあります (誤差が300m以上、1kmを超えることもあります) 。
 「この範囲にいるだろう」という円も表示されません。

 

 

 

 近い将来には日本版GPS「みちびき」などを活用することによって、「屋内」にいても、もっと誤差の少ないものが登場するものと期待しています。「屋内にいても、半径数m」にまで精度が向上すれば、見つけるのは容易ですよね?

 あ、でも病院にいる場合などで「何階にいるの?」といった、「垂直方向の情報」まで、判るようになるのかしらん??? そこまで出来れば完璧ですね。
 管理人が後期高齢者になる頃までには、そこまで「レベルアップ」されてほしいです。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 実家の父親が「スマホ」を使いこなせるはずも無いので、この「キッズケータイ」を持たせたのですが、それでも「使い方が原因」で、「大慌て」したこともあります。それがこの「マナー」ボタン。

 

 「十字キー」の下のほうを「長押し」すると、「マナーモード」に入るのですが、このケータイには「フタ」がないので、ポケットに入れている間に、いつの間にか「マナーモード」になって、それに気がつかない場合があります。

 以前、実家に電話したとき、固定電話に何度電話しても「通話中」、「キッズケータイ」には「何度電話しても出ない」ということがありました。
 想像力が乏しく慌て者の管理人には、「急に具合が悪くなって、救急車を呼ぼうとして力尽きた?」といった状況しか思いつかず、帰省から戻った直後でしたが、急遽実家に戻ったことがあります。

 実家に戻ってみて、何が起きていたのかというと、固定電話のほうは「受話器がちゃんと戻されてない」、「キッズケータイ」の方は充電スタンドに置かれていて「マナーモード」だったので、鳴っても気がつかなかった、というのが答えでした。
 約4万円の「予定外の出費」になってしまいましたが、「何事もなく、やれやれ、良かった.....」と笑うしかありませんでした。
 先日のSoftbankの通信障害みたいなことが起きなくても、「たった、これだけのこと」が理由でも、繋がらなくなってしまうんですね。
 結局最後は「実家に確かめに行ってみる」しか方法が無かったのですが、もっともっと交通費がかかるような遠方にいる場合には、「親戚」とか「民生委員」に様子を見てもらうように頼んでみる、といった方法が有効なのかもしれません。
 でも「ホントに家の中で倒れている」場合には、「鍵を持っている人間」が行かないと、どうにもならないのかもしれません。

 

 

 この「キッズケータイ」も、管理人が使っている「N904i」も、2026年3月31日の「iモード」「FOMA」サービス終了で使えなくなると思いますので、それまでには「買い替え」が必要です。
 2026年3月31日時点では「N904i」は20年近く使用、「キッズケータイ」も10年以上使っていることになるので、「元は取れたでしょ?」ということなのでしょうが、ケータイって、何年か経過すると「何の使い道もなくなる」モノなんですね。
 管理人が持っている「オープンリールデッキ」や「ラジカセ」などは、今でも使えますけど.....

 

 今、慌てて買い換えても、2026年3月31日までには「2~3回はモデルチェンジされる」と思いますので、壊れない限り、2025年前半あたりまでは、管理人が得意な「放置プレイ」で行こうかと思っています (笑) 。 

 

 

 

前ページへ <    > 次ページへ

「最近の機器 トップページ」へ