AT-SPP50

 これは「オーディオテクニカ」さんから発売されていた「AT-SPP50」というポータブルスピーカー。

 

 スピーカーは32mmφですが、「小さい割には、なかなか」と思っている音。(管理人個人の感想ですよ。)

 

 

 携帯用の「キャリングポーチ」も付いています。

 

 

 下部の中央を手前に出すことが出来るのが、この製品の特徴で、オーディオテクニカさんのWebサイトに拠れば、「スライドモーショントレー機構」とか。

 

 「オーディオテクニカ」さんのWebサイトに拠れば2010年2月の発売のようですが、管理人がこれを知ったのは2012年頃で、2015年頃まで販売されていたように思います。
 発売されていた頃に購入した個体は、手放してしまいましたが、「やっぱりこれもアリだね」ということで、最近オークションで入手しました。
 気が変わりやすい管理人の場合、「手放した後、再購入する」というのは、よくあることです。

 管理人が持っているのは「白」バージョン (AT-SPP50WH:本体色が「白」で、グリル部分も「白」) ですが、他にも
  AT-SPP50BK:本体色が「黒」で、グリル部分も「黒」
  AT-SPP50BL:本体色が「青」で、グリル部分が「白」
  AT-SPP50RD:本体色が「赤」で、グリル部分が「黒」
  も発売されていたようです。

 

 

 当時発売されていた「iPod」や「iPhone4s」などの画面で映像を観ながら音楽を愉しむのにぴったりで、「iPhone」内蔵のスピーカよりは良い音で聴けますので、管理人は「映像と音をミニマムサイズで愉しむ」ためのスピーカーとして使っています。 

 

 一体化された左右のスピーカーの間に映像が収まるところが、良くないですか?

 

 

 てゆーか、「真ん中に何にもない状態」で聴いていると、「違和感」があるような???

 

 

 

 トレーとiPhoneの間にスペーサー (ここでは「消しゴム」を2コ) を挟んで、もうちょっとだけiPhoneを持ち上げれば、映像と音の視覚的な一体感は更に向上します。

 

 管理人の場合は、iPhoneの小さな画面で観ていて「音を良くし過ぎる」と、「映像」の方が負けちゃって「画と音がアンバランス」になったように感じるので、このくらいのスピーカーで愉しむのも「アリ」かと思っています。
 ユニークな製品かと思うのですが、大きくなった最近のiPhoneだとスピーカーが隠れてしまうので、生産終了になったのでしょうか?

 

 

 

 音だけを愉しむ場合は、iPhoneを「縦」にしたほうが良いかもしれません。

 

 但し、iPhone側の「自動ロック」を「しない」に設定しないと、何分か経つと画面が真っ暗になっちゃいます。

 

 

 iPhone の上部に接続されているケーブルが気になるのであれば、iPhoneから「Bluetooth レシーバー」に飛ばし、それを本機のケーブルに繋ぐ手もありますよ。

 

 「Bluetooth レシーバ」は、本機の背後に隠しておけば良いんです。

 

 

 普段管理人は、Webからアートワークを入手していますが、特に気に入っている楽曲でアートワークを入手できない場合は、CDをコンビニに持っていってスキャンしています。

 映っているのは、いつもの「水野あおい」ちゃん。
 あおいちゃんのことは「お母さんになっていても、お婆ちゃんになっていても」管理人は大好きで、管理人が「介護施設」にお世話になるようになった頃も、「一番好き」なのは、やっぱり「あおいちゃん」なのカモ?ですが、もちろん「ファン」としてで、「ストーカーさん」ぢゃないですよ。

 管理人が独居するのが困難になり「介護施設」に入居するようになった場合、音楽を愉しむのには、こんな感じで愉しんでいるかもしれないカモ?とも思っていて、もう「終活?」は始まっているんですが (笑) 、「初代 ZILBA'P (CF-6500) 」 くらい持ち込ませてくれたら..... と思っています。
 「介護施設」のお世話になってるってことは、「あおいちゃん」のことを忘れてしまっている可能性もありますが、昔のことはちゃんと覚えていて、最近のことから忘れていくとか.....

 

 

 左右のスピーカーの中間部分や、トレーの上面には、柔らかい部材が取り付けてありますが、ここにスマホなどを置いて音を鳴らしたときの「ビリつき」を低減するのと「スベリ止め」効果を図ったものと思われます。

 

 

 

  底面にも、左右に柔らかい部材が取り付けられており、これも「スベリ止め」効果を図ったものと思われます。

 

 

 

 プレーヤーと接続するケーブルですが.....

 

 

 使わないときには、このように収納できます。

 

 オーディオテクニカさんに拠れば、「アウトライン収納」と言うそうです。

 

 

 

 「単3乾電池」を4本使い、上部のスイッチをオンすると、その横にあるLEDが点灯します。

 

 管理人にとっては、布団に入って「あとは寝るだけ」の時にピッタリのスピーカーですが、聴きながら「寝落ち」してしまうと、翌朝まで乾電池の消耗が進んでしまいます。

 そこで、本機の内部で入力端子とスピーカーを直結し「パッシブスピーカー」として使うように改造することで、本機の「電池切れ」の心配はなくなりました。

 

 

 これがオリジナルの状態です。

 

 基板の右下部分の3つ並んだ半田付け部に信号が印加され、乾電池による増幅回路を経由し、左端にある4つ並んだ半田付け部から出力されています。

 

 

 これが改造後で、入力された信号をそのままスピーカーに繋ぎ、「ショート」しないように線材の露出部を「マスキングテープ」で覆っています。 

 

 小さな電圧なので、「マスキングテープによるカバー」でも大丈夫でしょう、たぶん.....

 

 乾電池4本を使えば、最大で「1.5W+1.5W」出るようですが、乾電池で増幅していない音でも、「寝落ち寸前専用」なら、十分な音量なんです。
 更には、背面にスイッチを追加して、乾電池を使う「アンプ内蔵スピーカー」と、乾電池を使わない「パッシブスピーカー」のどちらにも使えるように出来ないか?とも考えています。

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 ちなみに管理人が「さぁ、今から寝落ちするぞ!」という時の、プレイリストのひとつは、

  元気出して~昔のままで~ / Love Song: 水野あおい
  LITTLE GREETINGS:水野あおい&森下純菜
  笑顔で愛してる / 夢はひとりみるものじゃない:國府田マリ子
  ただ声が聴きたくて / とても近い遠くから~Lonely Rain~ / ふりむかないで / この空の向こう:金月真実
  True Love / photo card / Thinking Of You: 丹下桜
  遠いこの街で:皆谷尚美
  優しい夜に。 / ひとひらの恋 / ひとりあやとり / Papillon: 田村ゆかり
  Pure / 月の気球 / 秘密~君を見てた / 夏の音を残して:堀江由衣
  ハートのパズル / 三鷹市上連雀: 野川さくら
  ReTIME / おやすみのほし: 新谷良子
  あなたという時間 / そよ風のハーモニー / 夕顔とオレンジ雲 / 胸に散る時の葉 / 闇に咲く星のように:CooRie
  君がくれた飴:山口理恵
  ここからはじまる物語:東山奈央
  REFRECTION:新田恵海
  piece of youth:ChouCho

 

 ちょいちょい変更していますが、20世紀に発売されたものも結構あり、多くの方は知らない曲ばかりカモ?
 ははは.....

 

 最後まで聴けたことがないので、曲順の変更も考えていますが、あ、そんなことしなくても「シャッフル」にすれば良いのかな.....

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「最近の機器 トップページ」へ