カラーバリエーション (5)

 これは、「おしゃれなテレコ」というキャッチフレーズで、管理人も持っているラジカセ「U4シリーズ」をヒットさせた「三洋電機」から発売されていた、「after school,」というカセットテープです。
 この「SANYO」のロゴは懐かしいですね。Web上の情報に拠れば、1976-1986年に使われていたようで、管理人がオーディオ機器に関心を持ち始めてから就職した頃までに使われていたロゴになります。

 

 「直径の大きなハブ」を使っていますから、音楽専用のテープが使われているのかもしれません。

 

 

 上のテープを見て、「MA-R」を思い出しちゃう方も、いらっしゃるのでは?と思います。

 

 

 管理人が知る限り、5色の「カラーバリエーション」があり、ハブの色も変えていました。
 46min以外の展開があったかどうかは、判りません。

 

 

 

 手前から「C-W46(Y) / Yellow」、「C-W46(G) / Green」、「C-W46(B) / Blue」、「C-W46(P) / Pink」、「C-W46 (K) / blacK 」

 

 

 でも、こんな感じの方が「高級感があったカモ?」です。

 

 

 側面には、小さいですが、犬 (「ダックスフンド」でしょうか?) の絵が描かれています。

 

 カラーバリエーション展開された他のカセットテープのような、「ケースの色展開」はされていません。

 

 

 当時の「サンヨー製のラジカセ」にも同様の犬がいました。

 

 

 

 これがパッケージ。

 

 

 

 外装フィルムには「型番」と「バーコード」が印刷されているだけでしたので、開封しても「見た目」的には、殆ど変わりません。

 

 

 

 インデックスカードの形状も独特です。

 

 上の「黒バージョン」は、辛うじて読めますが、下の「黄バージョン」は、ちょっと読みづらいですかね。

 

 

 ラベルの貼り方が説明されています。

 

 

 

 こういった方法で「NORMAL POSITION」「MADE IN JAPAN」と表示されていました。

 

 

 

 

 よ~~く見ると、インデックスカードの表示も、色毎にそれぞれ異なっています。

 

 「お手伝い無しで.....」

 

 

 「テスト無しで.....」

 

 

 「宿題無しで.....」

 

 

 「お掃除無しで.....」

 

 

 「居残り無しで.....」

 

 日頃、ちゃんとやっていれば、「居残り」は回避できるのでは?と思いますが、高校に入学したばかりの頃の管理人は、「居残り」「追試」の常連だったように記憶しています。

 

 このカセットテープは、「外観がユニーク」なだけでなく「色展開」もされていて、特に「黄色」のバージョンは、管理人が「大好きなカセットテープ」の一つです。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これもSANYOから発売されていた、「We Love Music.」というもので、7色ものカラーバリエーションがありました。

 

 7色ものカラーバリエーションがあったカセットテープは、これ以外には管理人が知る限り、「カラーバリエーション (3) 」で紹介した、Nationalから発売されていた「RT-46DS」くらいしか思いつきません。

 

 

 プラケースにも色が付けられていました。

 

 

 

 

 このカセットテープにも、ラジカセにあった「犬のマーク?」が付いています

 

 

 

 

 

 ちょっと不思議なのが、この「D」のバージョンで.....

 

 白が「W」(White) 、黄が「Y」(Yellow) 、赤が「R」(Red) 、緑が「G」(Green) 、水色が「LB」(Light Blue) 、青が「B」(Blue) 、までは判りますが、このオレンジ色のカセットテープが、何故「D」?
 まさか「橙 (だいだい) 」ってことだったんでしょうか?「O」(Orange) だと「0 (ゼロ) 」と間違え易い?と思われていたのでしょうか?

 

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ