ユニークなコンセプト (5)

 ここでは、「アウトドアでの使用を想定していた」と思われるカセットテープを紹介しています。

 

 これは、DENONから発売されていた、「HANDY POCKET 50」というもの。 

 

「HANDY POCKET」というのは愛称で、正式な製品名は「GX」、「-R50」は「赤バージョンの50min」と言う意味のようです。

 

 

 外装フィルムを取るとこういった感じですが、プラケースの中にも、カセットテープ以外に何かあります。

 

 

 

 これが、プラケースから取り出した状態。

 

 

 

 これが裏面。

 

 

 

 これが、内部のケース (「ハンディホルダー」と呼ばれていました) とカセットを切り離した状態です。

 

 

 

 「ハンディホルダー」を取り付けても、カセットテープの最大厚み内に収まりますので、一般的なプラケースが使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 「もう、アウトドアにはケースは要らない」「ハンディなのにガードはかたいぜ」というコンセプトだったようで、「ハンディホルダーを付けた状態でポケットに入れる」といった使い方を提案していました。
 あ、でも一番上の写真をよく見ると、外装フィルム上では「ハンディホルダー」ではなく「SNAP-ON CASSETTE COVER」と表現されています。

 

 

 

 「ハンディホルダー」が付いているので、ケース側には「ハブの回転を防止するための突起」がありません。

 

 

 ラベルについても、カセットテープの色に合わせているようです。

 

 

 

 これがカラーバリエーションで、上から「黒」(GX-50)、「黄」(GX-Y50)、「赤」(GX-R50)。

 

 

 

 

 

 

 

 これが背面ですが、ポケットに入れる「カセットテープの色」を変えています。

 

 

 レーベルの色も変えていますが、「黒」バージョンは一部使用済みです。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ