OEM品? (2)

 でも、「maxell」や「SONY」がOEM供給した? と思われるものもありました。

 

 これは、日立製作所が「Lo-D」ブランドで発売していたカセットテープですが.....

 

 

 ハーフに刻まれている縦縞とか、窓の目盛りとかが、これとよく似ていて、「ヒケ」の出方まで似ています。

 

 

 「窓の目盛り」は、「Lo-D」ブランドのほうが「金色」が入っていて高級っぽく、「UD」ではなく、その上の「XL I」の「Lo-D版」なのかもしれません。

 

 

 「ER」のパッケージも、「UD」よりも高級な感じです。

 

 

 おそらく「日立グループ内の企業」ということで、「日立マクセル」から「日立製作所」(当時の販売は「日立家電販売株式会社」) にOEM供給されたものかと思いますが、今は「日立グループ」からは離れているようです。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、「CBS/SONY」から発売されていたカセットテープ。

 

 

 

 

 

 

 「往復90分」のリーダーテープが「緑色」といった点からも、SONYから、グループ内企業であった「CBS/SONY」へOEM供給されたものかと思います。

 

 

 窓に刻まれている文字も似ているように思いますが、「全く同じではない」ように見えます。

 

 

 

 

 

 「CBS/SONY」と聞くと、管理人は真っ先に、1980年代の「松田聖子」さんのレコードを思い出します。
 「CBS/SONY」って聞いて、当時は何の違和感もなかったんですが、今になって、よ~く考えてみると、「CBS」というのは、アメリカにある「Colombia Broadcasting Sysytem」のことで、日本には「日本コロムビア株式会社」という日本法人の会社もあります。

 かつて「CBS」レーベルのLPは「日本コロムビア株式会社」から発売されていたこともあり、これは1966年頃に発売されていたと思われるLP。

 

 レーベル部分は、全部「英語表記」で、「洋盤」のように見えますけど、「XEBEC MARIMBA TRIO」というのは「日本女性3人のトリオ」で、日本で発売されたLPのようです。

 「360 SOUND」と記載されていると、左右だけでなく前後の広がりも感じられた、かつての「4CH」を思い出しますが、これは、CBSコロムビアの技術陣が考案した「すぐれた録音方式」とのこと。

 

 「大人の事情」なんですかね?
 「CBS / Colombia Broadcasting Sysytem」レーベルのレコードが、米コロムビアの日本法人と思われる「日本コロムビア」以外の会社から発売されているという、「何だか妙?」な構造になっているような?

 「CBS/SONY」さんから発売されていた、1980年代の松田聖子さんの楽曲は、今は「ソニー・ミュージックレコーズ」さんから発売されているようです。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ