販促品? (1)

 ここに紹介するカセットテープは「販促品」?と思われるものですが、「カセットテープ」や「CD」、「オーディオ機器」などを売り込もうとしているのではありません。

 

 これは、「バドワイザー」を何本か買うと貰えたのでしょうか?

 

 

 これは、カセットテープ本体

 

 

 

 

 パッケージです。

 

 

 

 「トッパンディスプレイ(株)」とは、凸版印刷株式会社を中心とする「トッパングループ」のひとつのようですが、今は無いみたいで、社名変更しているか、別のグループ会社に併合されたかと思います。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、「栄養ドリンク」の販促品でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 裏面には「製造元:TDK株式会社」と記載されています。
 「非売品」ということは、やはり「アリナミンVドリンク」を何本か購入すると、もらえたのでしょうかね。

 

 

 

 ハーフをよく見ると、右上隅と右下隅の特徴から、TDKから発売されていた「D」の最終バージョンと同等品と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、「ワインの販促品」かと思われます。

 

 

 パッケージの上部に大きな穴があることから考えると、「ワインのおまけ」として、こんな風に瓶に添付されていたのかもしれません。

 

 

 

 「ワインの販促品」ですから、パッケージにも本体にも「葡萄」がデザインされています。

 

 

 

 「TYPE I 」と記載されていますから、メタルテープが登場してから作られたものかと思います。
 「片面で15分」という録音時間は短いような気もしますが、CDシングルの全曲を入れるのには、丁度良かったのでしょうかね?

 

 

 「サントネージュワイン」は、現在は「サントネージュワイン株式会社」で製造され、アサヒビールが販売者になっていますが、このカセットテープがリリースされた頃は「協和発酵工業株式会社」が製造/販売を行っていたようです。

 

 

 

 Wikipediaさんなどの情報に拠れば、「協和発酵工業株式会社」は、2002年に酒類事業をアサヒビールへ譲渡したようです。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、コカコーラーの販促品だったんでしょうか? A面はコカコーラで.....

 

 

 B面はファンタ、そういえばこんな「ロゴ」だった頃もありました。

 

 

 この格子縞があるということは、もしかしたら「TDK製 なのカモ?」です。

 

 

 こんなケースに入っていました。

 

 

 「Tokyo Disneyland の開業5周年」である1988年に作られたもののようです。

 

 

 

 「日本コカ・コーラ株式会社」は、「東京ディズニーランド」にある「スペース・マウンテン」などのオフィシャルスポンサーになっているので、その関係でこういったものが作れたのでしょうね。
 なお、このカセットテープはオークションで入手したものですので、当時どのように頒布されたのかは判りません。

 

 

 どういう訳だか、「飲み物の販促品?」と思われるカセットテープばかりが集まってしまいました。
 「食べ物」や、「クルマ」などの工業製品の販売を促進するカセットテープもあるようなのですが、「管理人の持つ思い出」と「価格」のバランスを考えると、今の処は「手が出ないもの」ばっかです。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ