販促品? (2)

 先のページで紹介したカセットテープは「何かを買うと付いてくるおまけ」のような位置づけでしたが、こちらは「カセットテープを買ってもらう」ための「販促品」というか「Pop」とも思われるもの。

 

 

 

 立体的に作られています。

 

 

 添付されている紙には「アイキャッチャー」と称されていました。
 この図に示すような方法で「HFカセットを目立たせる」為のものかと思われ、販売店に配られたものと推測します。

 

 

 「添付されている紙」の右下あたりを見ると、このバージョンの「HF」が販売されていた頃の「アイキャッチャー」なのかと思われます。

 

 

 大きさは、「カセットテープとほぼ同じ」です。

 

 

 

 付属の「L型脚」を使えば、このように立てることも出来ます。

 

 

 

 この「HFカセット」のパッケージの裏面を見ると、当時は「HFシリーズ」として「HF」「HF-S」「HF-X」「HF-ES」「HF-Pro」の5品種がラインナップされていたことが判ります。

 

 「ローエンドのカセット」ではありますが、「HF:High Fidelity (高忠実度) 」と言えるだけの自信があったのでしょう。

 

 

 下の写真にある「HF」は、上のものとはバージョンが異なりますが、「HFシリーズ」は、5品種とも「ノーマルポジション」です。

 

 

 

 

 でも管理人にとって、最も印象深かった「HF」は、「ローエンドのHF」ではなく「ワンランク上のHF」で、この頃の「ノーマルポジション」のカセットは、一般録音用が1品種、音楽録音用が1品種でした。

 

 

 この「アイキャッチャー」には、「HF-ES」(明るい青地に銀文字) とか「UX-S」(渋めの青地に金文字) のバージョンも出品されていたのですが、管理人にとって思い出のある名称の「HF」のバージョンを落札しました。
 Web上には「HF-S」(緑地に銀文字) のバージョンも見つかります。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ