カセットテープ? (2)

 「カセットテープ」を模したグッズは、「TDK」以外にもありました。

 

 さて、これは.....

 

 

 

 「キーホルダー」です。

 

 

 実際の「カセットテープ」と比べると、これだけ大きさが異なります。

 

 縦横とも「半分くらい」ですかね?

 

 

 広窓の部分は「印刷」ではなく、ちゃんと透明になっていて、造りが細かいです。

 

 手前にあるのが実際のカセットで、奥にあるのが「エルカセット?」のようにも見えます。

 

 

 

 「B面」も、ちゃんと作りこまれています。但しリールは回転しません。

 

 最近オークションで入手したものですので、当時どのように流通したものかはわかりません。
 金属部のメッキが剥がれてきているので、最近のものと交換しようかとも思っています。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 右下のものは、カセットテープよりもちょっと小さいですが.....

 

 

 

 

 トランプです。

 

 

 

 但し、数枚欠品していますので、プレイは出来ません (笑) 。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 これも「トランプ」です。

 

 

 

 

 カセットテープなどに関する「豆知識」が、「Q & A」の形で記載されています。

 

 

 記載されている「豆知識」は、一枚一枚、全部違いますので、「13 x 4 + 1 = 53」の豆知識が得られます。

 

 

 こんなところに「maxell」らしさが.....

 

 

 JOKERも含め、「13 x 4 + 1 = 53」の豆知識が得られます。

 

 

 「任天堂」製です。

 

 管理人が子供の頃、「任天堂」って、「トランプ」と「花札」の会社だと思っていました。

 

 

 このカセットテープのパッケージがこちら。

 

 「UL」とは「Ultra Low Noise」のことで、「LN (Low Noise) 」からモデルチェンジされた、当時のベーシックカセットでした。

 

 

 ここに示すように、過去には「カセットテープを模したグッズ」が数多くあったのですから、今のお若い方にも「昔は、広く浸透していたんだろうなぁ」ということが想像出来ますよね?

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ