非売品/見本品 (1)

 ここでは、カセットテープの「見本品?」「非売品?」「販売促進品?」といったものを紹介します。

 

 これは、SONYから「Duad」が発売になったときの「発売記念サンプル」。
 最近オークションで入手したものですので、「Duad」発売開始当時に、どのように流通したのかは判りません。

 

 

 

 

 「二層塗り (デュアルコート) が、音の秘密」で、SONYにおいては、メタルテープが登場するまでは最上位のカセットテープで、一般録音用の「ローノイズ」、音楽録音用の「HF (Normal) 」「CR (CrO2) 」「Duad (Fe-Cr) 」というラインナップでした。

 

 

 

 一方で、「Fe-Cr」ポジションで使うカセットテープを発売していなかったメーカーでは、ノーマルポジションの音楽用カセットを複数ラインナップしており、例えばTDKでは「AD」の上位に「ED」を、maxellでは「UD」の上位に「XL I」を、富士フイルムでは「Range-4」の上位に「Range-6」を発売していました。

 なお「二層塗り」=「Fe-Cr」というわけではなく、「Fe-Cr」でない「二層塗り」のカセットテープは、管理人の知る限り、「DENON」や「富士フイルム」「TDK」から発売されていて、「二層塗りとエピタキシャル」のページで紹介しています。

 

 

 

 当時、SONYのカセットテープは、「録音時間」で色分けされていて、「往復30分タイプ」は「黄色」。

 

 

 その一方で、「音楽用のカセット」は「メタリック」になっていたのですが、当時「往復30分の音楽用カセット」は製品版には無かったので、「黄色のメタリック」は、珍しいカラーリングか?と思われます。

 

 「120min」のテープは「60min」のテープに比べると「厚みが半分」なので、「CR」や「Duad」に「120min」という展開はなかったですね。

 

 

 

 これは、ソニーから発売されていた「スカイセンサー・カセット 5950 / CF-5950」の付録品で、製品を買うと付いて来ました。
 当時のものは紛失してしまいましたが、これは最近オークションで入手したもの。

 

 

 ラジカセを買うと、大抵はテープが1本付いていて、「A面」には音楽が収録され、「B面」はブランクでしたが、これには両面とも「I.S.:Interbal Signal」が収録されています。
 「I.S.」というのは放送開始前に流されていた音楽などのことで、「イスラム国 / Islamic State」のことではありません。

 

 カセットですから「何かが上書きされているカモ?」という不安もありましたが、ちゃんと残っていました。

 

 こちらが「A面」の収録内容。

 

 

 こちらが「B面」の収録内容。

 

 

 5950のカタログには、本カセットを装着した写真が掲載されていたかと思います。

 

 管理人以外に入札者がいなくて、¥1,000 (送料別) で落札できましたが、管理人にとっては落札価格以上に価値のあるカセットテープです。

 

 

 SONYからは、「雑誌の付録」として、ソノシートという形でリリースされたものもありました。

 

 

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、TDKの初代メタルテープ「MA」が発売になったときのデモンストレーションテープで、右上に「見本品」と書かれているのが見えます。

 

 

 店頭でのデモンストレーション用に製作されたもの。

 

 

 

 これは昔から持っているもので、どのように入手したのかは覚えていませんが、父親が「馴染みの電気店」から、YAMAHA の「K-1a」を購入したときに、「もうデモしなくなったので、おまけで貰った?」のかもしれません。

 

 

 

 でも、もっと前にも「MA」というカセットテープがあって、それがこれです。

 

 「メタルテープ」なら、当然「音楽録音用」でしょうけど、録音時間は往復で30分で、「ラージハブ」にもなっていません。

 

 

 こんなパッケージに入っていました。

 

 

 最初に発売された「MA」は、こんな感じでしたが、このカセットよりも.....

 

 

 サンプル品の「MA」は、このラインナップに似ていますね。
 「A面」が記入済みのものについては、「B面」を撮影しています。

 

 「D」が一般録音用、ベーシックなカセット、「AD」が音楽専用、「OD」が音楽専用の高級タイプで、ここまでがノーマルポジション。「SA」がハイポジションカセットでした。

 サンプル品の「MA」は、最近オークションで入手したものですが、メタルテープやメタル対応デッキが発売されるよりも前に作られていたように思われますので、一般ユーザーや販売店向けではなく、メタル対応デッキを開発するメーカー向けに頒布されていたのでは?と思っています。

 

 

 日本語表記が全く無いので、このままの形で海外にも頒布されていたのかもしれません。

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、maxellの「店頭用・非売品」。

 

 

 3曲収録されていますが、1曲目は「アン・ベルトゥッチ / ANNE BERTUCCI」のセカンドシングルで、原題が「COOL HAND」、邦題が「アイ・ニード・ユー」だったものを「アイ・ニード・ユーディー」としたもの。

 

 セカンドシングルのジャケットに拠れば「 '82 マクセルUDテープ 秋のキャンペーン」で使われたもののようです。
 原曲では「 'Cause I need you, baby 」となっている歌詞が、「 'Cause I need a UD」 となっているようです。
 (管理人が「ようです」と言っているのは、最近入手したものなので「歌詞カード」とかが付いていなかったからですが、元々無かったのかもしれません。)

 原題は「COOL HAND」だったのに、「この歌詞、UDに使おう!」となって、原題のカケラも無い邦題「アイ・ニード・ユー」になったのでしょうか?

 

 なお、カップリングの曲は、原題が「MERCURY LOVE」、邦題が「マーキュリー・ラヴ」と全く同じ。

 

 

 

 おそらく、このバージョンが発売されていた頃でしょう。
 これは、管理人が知る限り「UD」の最終バージョンで、この後「UD I」と「UD II」に展開されます。

 

 

 なお、店頭でのデモ用なので、楽曲が収録されているだけでなく、冒頭と最後には

 音は若さの血となる、肉となる
 アイ・ニード・ユーディー
 ダイナミック・アンド・クリアー maxell UD
 54分用 30分用も加わり、超ワイドセレクション

 のナレーションが入っています。

 でもこの曲、管理人にとっては、何故かリアルタイムでは記憶がなく、このデモを店頭で聞いた記憶もありません。

 

 この前のバージョンの「RIDE ON TIME」「いい音しか残れない。」とかは、よく覚えていて.....

 

 

 「UD I」と「UD II」に展開されたときのことも、よく覚えていますが.....

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは「National」から発売された「オングローム」の非売品で、「未・体・験・サ・ウ・ン・ド・!」とのこと。

 

 左下に「椰子の木?」が見えますが.....

 

 

 「夏の特選品フェア」のキャンペーン商品だったようです。

 

 当時の「ナショナル店会の店」(現在の「パナソニックの店」) で、お得意様に配られたのでしょうかね?

 

 

 当時の「National / Technics」ブランドのカセットテープというのは、「キャラメルの押し型のハーフ」で、「TDKからのOEM購入品?」と思えたのですが.....

 

 

 「オングローム」は「世界初の蒸着テープ」なのですから、「Nationalが総力を挙げて開発した?」オリジナル商品のように思え、初代の「オングローム・カセット」は、見た目にも大きな特徴がありました。

 

 

 これは「非売品」の「オングローム・カセット」ですが、個性が少なくなったような?

 

 このカセットテープが頒布された頃は、「透明なハーフ」も一般的になっていたのでしょう。

 

 

 これは裏面で、「National」のカセットには珍しい「A面」「B面」表示です。

 

 

 「インデックスカード」も「A」「B」表示です。

 

 

 しかしながら、ハーフに貼り付けるラベルは、なぜか「1」「2」表示。

 

 他のカセットテープのものを流用したのでしょうか?
「無料のもの」だったでしょうから、どこからもクレームは来なかったかと思いますが.....

 

 

 

 「銀色に輝く」とアピールされていて、

 

 

 良く見ると、テープ面が「チカチカ」しているようにも見えます。

 

 

 上から「初代MA-R」「初代オングローム」「非売品オングローム」ですが、オングロームは、メタルテープよりも更に「チカチカ」しているように思います。

 

 でも、その後「National」ブランド以外から、「オングローム・カセット」は発売されなかったように記憶しています。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、富士フイルムから発売されていた「FR-I」の見本品。

 

 「エキサイトの輝き」というのが、「FR-I」のキャッチフレーズだったのでしょうか?

 

 

 でも、インデックスカードにはそういった表記はないので、「見本品」だけのキャッチフレーズだったのかもしれません。

 

 

 

 収録された曲目は、こういった感じなのですが、残念ながら「A面」には、別の曲が上書きされていました。
 オークションでカセットテープを入手した場合、そういうこともあります。

 

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ