非売品/見本品

 これは、SONYから「Duad」が発売になったときの「発売記念サンプル」。
 最近オークションで入手したものですので、「Duad」発売開始当時、どのように流通したのかは判りません。

 

 

 

 

 「二層塗り (デュアルコート) が、音の秘密」で、SONYにおいては、メタルテープが登場するまでは最上位のカセットテープで、一般録音用の「ローノイズ」、音楽録音用の「HF (Normal) 」「CR (CrO2) 」「Duad (Fe-Cr) 」というラインナップでした。

 

 

 

 一方で、「Fe-Cr」ポジションで使うカセットテープを発売していなかったメーカーでは、ノーマルポジションの音楽用カセットを複数ラインナップしており、例えばTDKでは「AD」の上位に「ED」を、maxellでは「UD」の上位に「XL I」を、富士フイルムでは「Range-4」の上位に「Range-6」を発売していました。

 なお「二層塗り」=「Fe-Cr」というわけではなく、「Fe-Cr」でない「二層塗り」のカセットテープは、管理人の知る限り、「DENON」や「富士フイルム」「TDK」から発売されていて、「二層塗りとエピタキシャル」のページで紹介しています。

 

 

 

 当時、SONYのカセットテープは、「録音時間」で色分けされていて、「往復30分タイプ」は「黄色」。

 

 

 その一方で、「音楽用のカセット」は「メタリック」になっていたのですが、当時「往復30分の音楽用カセット」は製品版には無かったので、「黄色のメタリック」は、珍しいカラーリングか?と思われます。

 

 「120min」のテープは「60min」のテープに比べると「厚みが半分」なので、「CR」や「Duad」に「120min」という展開はなかったですね。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、TDKの初代メタルテープ「MA」が発売になったときのデモンストレーションテープで、右上に「見本品」と書かれているのが見えます。

 

 

 店頭でのデモンストレーション用に製作されたもの。

 

 

 

 これは昔から持っているもので、どのように入手したのかは覚えていませんが、父親が「馴染みの電気店」から、YAMAHA の「K-1a」を購入したときに、「もうデモしなくなったので、おまけで貰った?」のかもしれません。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは「National」から発売された「オングローム」の非売品で、「未・体・験・サ・ウ・ン・ド・!」とのこと。

 

 左下に「椰子の木?」が見えますが.....

 

 

 「夏の特選品フェア」のキャンペーン商品だったようです。

 

 当時の「ナショナル店会の店」(現在の「パナソニックの店」) で、お得意様に配られたのでしょうかね?

 

 

 当時の「National / Technics」ブランドのカセットテープというのは、「キャラメルの押し型のハーフ」で、「TDKからのOEM購入品?」と思えたのですが.....

 

 

 「世界初」なのですから、「Nationalが総力を挙げて開発した?」オリジナル商品のように思え、初代の「オングローム・カセット」は、見た目にも大きな特徴がありました。

 

 

 これは「非売品」の「オングローム・カセット」ですが、個性が少なくなったような?

 

 このカセットテープが頒布された頃は、「透明なハーフ」も一般的になっていたのでしょう。

 

 

 これは裏面で、「National」のカセットには珍しい「A面」「B面」表示です。

 

 

 「インデックスカード」も「A」「B」表示です。

 

 

 しかしながら、ハーフに貼り付けるラベルは、なぜか「1」「2」表示。

 

 他のカセットテープのものを流用したのでしょうか?
「無料のもの」だったでしょうから、どこからもクレームは来なかったかと思いますが.....

 

 

 

 「銀色に輝く」とアピールされていて、

 

 

 良く見ると、テープ面が「チカチカ」しているようにも見えます。

 

 

 上から「初代MA-R」「初代オングローム」「非売品オングローム」ですが、オングロームは、メタルテープよりも更に「チカチカ」しているように思います。

 

 でも、その後「National」ブランド以外から、「オングローム・カセット」は発売されなかったように記憶しています。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは「LPの予約特典」で貰ったカセットテープだと思いますが、昔はこういったものが貰える事がありました。

 

 どうやって入手したのか全く覚えていませんし、録音内容を聴いても、何の特典だったのか判りません。
 「'85.6」という表記がありますので、1985年7月24日に発売された2枚組のベストアルバム「NAOKO22」(LP) の予約特典だった可能性大です。

 ちなみに、1985年7月24日は、河合奈保子さんの22歳のお誕生日。
 管理人は就職して「1年目」で、導入教育や現場実習を終え、配属部署が決まった頃かと思います。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、キングレコード製のカセットテープ。

 

 

 これがケース

 

 発売日が「1994/10/21」ですが、この頃も発売前に「カセットテープによるプロモーション」が行われていて、店頭演奏用とか放送用に使われていたのでしょう。
 「2曲」ずつ両面に収録されていますが、コメントやセールストークのようなものは入っていません。

 1994年頃はというと、まだWindowsが広く普及する前で、多くの人は「ワープロ専用機」か、「PC9801シリーズ + MS-DOS」上で動く「一太郎」などを使っていて、タイトルや強調したい部分には「縦倍角」「横倍角」「4倍角」といった文字を使っていたと思います。
 アルファベットについは、「Wodrstar」「Wordperfect」など海外由来のワープロソフトを除いて、DOS上では「プロポーショナルフォントが使えないものが多かった」かと思い、英文を書いても「英文っぽく見えない?」感じがしていました。

 

 

 「KIDA-7601」は、「シングルCD」の番号であって、「カセットテープ」としては販売されていなかったと思います。

 

 「僕らのステキ / Harmony」は、1994/10/21に発売された國府田マリ子さんの「1st シングル」ですが、その前の1993年11月25日に、徳間ジャパンコミュニケーションズから「ANIMAGE RECORD」レーベルで、ミニアルバムの「KISS」が発売されていました。

 

 

 

 

 これは石嶺聡子さんの、マキシシングル「花」と、ベストアルバム「Ballad Song Stories」のプロモーションテープ?でしょうか

 

 

 これがケース

 

 ここで云っている「5月9日」とは、「2002年5月9日」のことですが、この頃でもプロモーション用に「カセットテープ」が使われていたようです。
 その頃、管理人は、「カセットテープ」は殆ど使わなくなり、MD (mini disc) に移行していましたけどね.....
 「iPod」が登場したのもこの頃ですが、管理人が「MD」から「iPod」に移行したのは2009年頃でした。

 実は、このマキシシングルとアルバムが発売されたこと、リアルタイムでは記憶がありません。
 当時管理人は、アメリカに赴任する直前で「てんやわんや中」だったんです。

 

 

 これが曲目。 

 

 「シングルに収録された2曲」と「アルバムに収録された14曲」の全部が入っていますが、「花」はシングルとアルバム両方に収録されていますので、トータルで15曲です。

 

 

 「TOCT-4383」「TOCT-24807」というのは、いずれも「CD」の番号で、「カセットテープ」という媒体では販売されていなかったと思われます。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ