現在販売中のもの (2)

 これは「NAGAOKA」ブランドのカセットテープで、「ビックカメラ」や「新星堂」などで販売されています。
 10min(青) / 20imn(赤) / 60min(緑) / 90min(紫) / 120min(ピンク) のバリエーションがあります。

 

 

 

 

 裏面には「MADE IN JAPAN」と記載されています。

 

 

 中央の窓が、昔のTDKの「D」カセットのような感じですが、「D」カセットでは文字部分が出っ張っているのに対して、こちらは凹んでいます。 

 

 

 

 その窓ですが、テイチクから発売されているミュージックテープもこれと同様の形状で、紙レーベルの形やレーベル周辺部のハーフの窪んだ形も同じ様な気がしました。これも文字部分は凹んでいます。

 

 

 2つのカセットテープをを更に見比べてみると、A面から見て右側面のほぼ同じ位置に、同じ様な字体のロットNo.が「捺印」されていました。

 

 このことから、ある程度の流通量が見込める「録音済みミュージックテープ用」として、日本国内で現在も作られているものが、ナガオカからコンシューマ用途として生テープの形で販売されているのでは?なんて想像しています。

 「NAGAOKA」ブランドのテープは、見た目には「事務的」というか「簡素」というか、実に素っ気無いですが、しっかりと品質管理がされているものと思われ、なかなかの実力を持っているカモです。
 もちろん、かつての「メタルテープ」のようなレベルの期待をしているわけではありませんけど.....

 なお、このテープは100均には置いてありません。

 

 ここまでに紹介した「現行のテープ」について、いずれ録音して聴いてみるつもりですが、耳の肥えていない管理人のことですから、もしかしたら「どのカセットもみんな良好な音」に聴こえてしまうかもしれません (笑)。 

 ここで紹介した現行品のカセットテープのハーフですが、全て4隅は「ネジ」で固定されています。
 一時は無くなってしまった「ネジ」止めですが、昔のように大量には売れない状況では、このほうが安く製造できるのでしょうかね?

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 更に.....

 先日数量限定で復刻された、maxellの「UD」ですが、これには「原産国 日本」と記載されています。
 また、このテープのハーフをよく見ると、窓の形だけでなく、紙レーベルの形やレーベル周辺部のハーフの窪んだ形が、NAGAOKAブランドのテープと似ていて、このカセットでも文字部分は凹んでいます。

 

 

 ちなみに、オリジナルの「UD」は文字が出ていて、「シボ仕上げ」ではなく「テカテカ」していますので、「当時の金型を使って復刻版を作った訳ではない」と考えられます。字体も違いますよね。

 

 

 また、A面から見て右側面のほぼ同じ位置に、やはりロットNo.が「捺印」されています。
 これも、オリジナルの「UD」にはない特徴です。

 

 

 一方で近年のmaxellのテープですが、日本製の頃 (手前、ハイポジ MUSIC GEAR 20min) も、海外製造 (奥、UR 90min) になってからも、ハーフの上部にロット記号が「刻印」されていて、復刻版の「UD」とは異なる方法が採られています。

 

 

 

 

 ケースにも類似点がありました。色は異なるものの、同じ金型で作られたのでは?と思えます。

 指を掛ける場所の切り欠きが同じ形状です。 上から復刻されたmaxellの「UD」(黒)、市販の録音済みミュージックテープ(白)、NAGAOKAのテープ(透明)です。
 なお、現在100均などで売られているテープのケースや、maxellの現行品「UR」「UL」のケースには、上記写真との共通点は見られません。

 

 

 リールを保持するための爪の形状と、爪周辺の円形の段差も同様で、テープを保持する為のケース周辺内側のリブの位置も同様です。

 

 

 

 ケースの「合わせ目部分」も似ていて、黒 (maxell) と、白 (ミュージックテープ) は同じ形状です。

 

 

 

 以下は管理人個人の現時点での勝手な想像で、この先、新しい情報を得て訂正することも考えられますが.....

 maxellの復刻版「UD」について、管理人には、近年の他のmaxellブランドのテープとは異なる方法で製造されたように思え、むしろ「NAGAOKA」ブランドのテープや「録音済みミュージックテープ」との共通点が多く、これらと近い部材を使って、近い場所で製造されたように思えます。

 

 もし、現行のカセットテープのハーフを作る金型を使って、復刻版「UD」のハーフを作れたとすれば、多額の設備投資をしなくても、限定で6万本作ることは可能だったでしょうね。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 「NAGAOKAブランド」のカセットテープは、現在はこういった外観に変更されていて、カセット本体にも色が付けられ、「事務的な印象」が若干改善されたように思います。

 

 

 但し、どのタイプも同じカラーリングで、現在のバージョンに「120minタイプ」は無いようです。

 

 

 手前が「新バージョン」で、テープ面の色は「ほぼ同じ」ように見えましたが.....

 

 

 これが「旧タイプ」のテープ面の拡大写真。

 

 

 これが「新タイプ」。
 どちらも「60minタイプ」で、同じ条件で続けて撮影したのですが、「新タイプ」の方がやや色が薄く、凹凸が少なくなっているようにも見えます。

 

 「インデックスカード」と「ラベル」を変えただけでなく、磁性体も変えている?のかもしれません。
 性能向上? コストダウン? あるいは、従来の材料が入手困難になり変更になったのでしょうか?

 

 

 改めてデジカメでも、テープ表面の光の反射に気をつけながら注意深く撮影すると、旧タイプ (上) に比べ、新タイプ (下) の方が「やや色が薄い」ことが捉えられました。

 

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ