ユニークなコンセプト (4)

 これは、DENONから発売されていた、「HANDY POCKET 50」というもの。 

 

「HANDY POCKET」というのは愛称で、正式な製品名は「GX」、「-R50」は「赤バージョンの50min」と言う意味のようで、「GX-Y50」(Yellow) や、「GX-50」(Black) といったものもあったようです。

 

 

 外装フィルムを取るとこういった感じですが、プラケースの中にも、カセットテープ以外に何かあります。

 

 

 

 これが、プラケースから取り出した状態。

 

 

 

 これが裏面。

 

 

 

 これが、内部のケース (「ハンディホルダー」と呼ばれていました) とカセットを切り離した状態です。

 

 

 「ハンディホルダー」を取り付けても、カセットテープの最大厚み内に収まりますので、一般的なプラケースが使えます。

 

 

 

 

 

 「アウトドアにはケースは要らない」というコンセプトだったようで、「ハンディホルダーを付けた状態でポケットに入れる」といった使い方を提案していました。
 あ、でも一番上の写真をよく見ると、外装フィルム上では「ハンディホルダー」ではなく「SNAP-ON CASSETTE COVER」と表現されています。

 

 

 

 ラベルについても、カセットテープの色に合わせているようです。
 「黄」や「黒」バージョンについても、合わせているものと想像します。

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは「バドワイザー」とコラボしたものでしょうか?

 

 

 これは、カセットテープ本体

 

 

 パッケージです。

 

 

 

 

 「バドワイザー」のお膝元ではなく、日本国内で作られたもののようですが、ヤフオクで入手したものですので、どういった方法で頒布されていたのかは判りません。

 

 

 

 

 

 

 これは、「栄養ドリンク」の販促品でしょうか?

 

 

 

 

 

 裏面には「製造元:TDK株式会社」と記載されています。
 「非売品」ということは、やはり「アリナミンVドリンク」を何本か購入すると、もらえたのでしょうね。

 

 

 

 

 

 ハーフをよく見ると、右上隅と右下隅の特徴から、TDKから発売されていた「D」の最終バージョンと同等品と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは.....「葉っぱ」がデザインされていて、「エコ」なんでしょうか?

 

 

 これがパッケージですが、「環境にやさしい」というコンセプトを持ったカセットテープです。 

 

 

 「カセット本体、ケース、インデックス、タイトルラベルには環境にやさしい再生材を使用」とのこと。

 

 「電池パワー温存メカ」というのは、「ハブが回転するときのシートとの摩擦抵抗を減らしている」ということなのだろうと推測します。
 「SP」に関しては「Shock Proof」と説明されていますが、商品名の「WE2」が何を表しているのかは、よく判りません。
 「WE」は、もしかして「World Environment」でしょうか?
 「2」は「ハイポジ」のことで、ブルーを基調にした「ノーマルポジション」の「WE1」もあったようです。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ