その他カセットテープ

 ここでは、今のところ、どの括りにも入らないカセットテープを紹介します。

 

 

 これは、ちょっと不思議なカセットテープです。
 黒と金を基調にしたデザインで、管理人がカセットテープを買い始めた頃の、SONYの「HF」や、TDKの「AD」に負けないくらいの高級感があります。

 

 録音時間が「片道で9分、往復で18分」というのは、管理人にとってはこれが初めてです。
 CDシングル (今のマキシシングル) を録音する際、A面にメインの曲とカップリングの曲を、B面にその「off vocal」 を録音するのに、丁度良い長さだったのですかね?

 「SUPER」という「ブランド名?」もよく判りませんが、インデックスカードなどにもメーカー名の記載がなく、国産品なのか海外から来たのかも、良くわかりません。
 「AC」が何を表すのかも判りませんしね.....

 「 A.M.L 」というメーカーに「SUPER」と記載されたものがありましたので、もしかしたら、そこのものなのかも知れませんけどね.....

 

 

 選択したBias/EQを記入できるようになっています。
 でも、「NORMAL POSITION」のテープを「High」や「Metal」で使う筈が無いのですが.....

 

 「N.R. (ノイズリダクション) 」については、「 IN / OUT 」だけでなく、「N.R.」のタイプも記入できますので、「Dolby C」や「dbx」などが普及してから登場したカセットテープかと思われます。
(未開封の状態で入手したものですので、インデックスカードはオリジナルのものです。)

 ちょっと不思議な、「謎のカセットテープ」です。 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、PHILIPSのカセットテープで、「Compact Cassette」のロゴが大きいですが、「カセットテープの開発元」というプライドでしょうかね?
 「FERRO」とは、おそらく「鉄」のことで、「FELLOW」だと「仲間」のこと。
 「R」と「L」の発音の違いなんて、管理人には判りません。 

 

 ネジが「マイナス」なのも、珍しいと思いますし、窓の上部に刻まれたスケールが「5」刻みなのも、他ではあまり見ません。

 

 こちらは裏面ですが、両面とも「A」「B」とか「1」「2」といった表記はありません。

 

 

 但しインデックスカードには「1」「2」という表記が見えます。

 

 

 

 このカセットテープには、「tape jamming 防止」を目的とした「floating foil SECURITY」という機能が組み込まれています。

 

 「セキュリティ」と聞くと、「情報漏洩対策」や「防犯対策」のようなものを思い浮かべますが、安心/信頼といった意味もあるようです。

 

 

 ハーフを開けると、このような状態

 

 

 通常のスリップシート以外に、中央部に透明で凹凸のあるシートが追加されています。

 

 この凹凸があることによって、テープがカセットテープの厚み方向に揺れるのを低減させているのでしょう。

 

 

 テープを早送りで右のリールに送った後、再度早送りで左のリールに巻き戻しても、巻き乱れが少ないように思います。

 

 

 一般的なテープを早送りで巻き取ると、こういった感じで巻き乱れが生じる場合があります。
 「floating foil SECURITY」は、外観上の特徴は現れませんが、大きな効果があったように思います。

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これはオークションに出品されていた「SONY」のカセットテープですが、管理人はこの配色は見た記憶がありません。

 

 

 Web上で最初に見たときは「クリーニングテープ?」「業務用途?」とも思いましたが、背面には日本語表記が無いので、「海外向け?」かと思われます。書かれているのは「英語」と「フランス語」でしょうか?

 

 

 

 これがカセットテープ本体。

 

 

 

 これと似ている気がしますね。

 

 

 

 テープの色も似ているような気がします。

 

 

 

 でもプラケースは「CHF」のものとは異なり、「CHF」の後にの発売された「ローエンドの HF」のケースと似ています。

 

 

 

 「EF」のインデックスカードも、「HF」のものに似ていますし.....

 

 

 プラケース上の「SONY」の刻印も、「EF」(中央) のものは、「HF」(右) のものに似ています。

 

 

 

 未開封のパッケージを比べても、「CHF」のパッケージよりは、後のパッケージに似ています。

 

 

 

 パッケージの裏面も同様です。

 

 「EF」のカセットテープ本体は「CHF」と似ていて、「CHF」の輸出バージョンなのでは?と思うのですが、パッケージ / インデックスカード / プラケースは後に発売されたものと似ていて、日本国内での「CHF」発売から「HF」発売までの間に、海外向けに発売されたものではないか?と思います。
 「Made in Japan」と記載されていますから、当時は日本で生産して輸出していたのですね。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 さて、これは?

 

 

 カセットテープが10巻入る箱ですが、上面には「LOT NO. A 3 I I 7 0 1 」?と記載されています。

 

「箱」と云っても、市販されているものではなく、小売店に卸すとき、箱のまま「10本単位」で扱われていたのでしょう。
 オークションでも、こういった箱に入って「10本纏めて」出品されていることもありますが、この箱は3~4本落札した時に、出品者がこの箱に入れて送ってきたときのもの。
 管理人には「未開封品10本纏めて」といったものは、高くてとても手が出ません。

 

 

 元々は、おそらくこのバージョンの「SF 90」が10本収められていたのでしょう。

 

 

 

 

 「SF」にも複数のバージョンがあって、これは「SF-46G」という品番のもので、箱の側面にも記載されています。

 

 なお、この「G」というのは、「バージョンA」から始まり「バージョンG」にまで至った「G」ではなく、「緑」を基調にした「Green」の意味かもしれません。
 当時はノーマルポジションで4品種、ハイポジで3品種が発売されていたようですが、「AD-X」というカセットが発売されていた時期もあります。

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ