現在販売中のもの (1)

 ここでは、家電量販店やホームセンター、100均などで「現在も入手できる」カセットテープを載せています。

 但し性能的には「ローエンド」ですので、「高性能なもの」を使いたい方には、昔発売されていたメタルテープなどが求められていて、オークションなどで高値で取引されているのでしょう。

 

 これはmaxellの「UR」で、原産国表示は、「インドネシア」と記載されています。
 とある店では、10min /20min / 30min / 46min / 60min / 90minのバリエーションがあり、「1本売り」と「4本パック品 (90minは3本パック)」が置いてありました。

 

 

 

 

 これは上の「UR」のひとつ前のバージョンで、何がが違うのか?というと、まず外装パッケージ上に「はっきり録音」が大きめに印刷されていて、原産国表示は「テープ:韓国、組立:日本」と記載されています。 (リサイクルショップにありました)
 ハーフをよく見ると、「GREAT FOR EVERY RECORDING」などの字体が上記のものとは異なりローマン調になっており、色も上記よりは明るいグレーで、真ん中に「ヘソ」があります。
 また、ハーフの四隅は「ネジ止め」ではないですから、上記とは別の金型で作っているものと考えられます。

 

 

 ハーフの上部には「ハイポジ」や「メタル」にも展開できるよう、「入れ子」対応で検出穴を設けたり塞いだり出来るようにしていたのでは?と思われる「スジ」が見られます。 

 

 

 これが、「同じ金型で作ったのでは?」と管理人が推測していている、maxellの「MY 2」という「ハイポジ」のテープですが、「原産国:日本」で、ハーフの真ん中にヘソがあり、ヘソの付近に縦に目盛りが入っている点が、上の「UR」と似ています。
 管理人が持っていないだけで、「メタルテープへの展開」もあったのかもしれません。

 

 

 「はっきり録音」が大きく記載された「UR」にも、管理人が知る限り、3つのバージョンがあり、

1) 原産国表示が「テープ:韓国、組立:日本」、「GREAT FOR EVERY RECORDING」などの字体がローマン調フォント、「日本記録メディア工業会の環境配慮自主基準の適合」の記載あり

2) 原産国表示が「韓国」、「GREAT FOR EVERY RECORDING」などの字体がローマン調フォント、「日本記録メディア工業会の環境配慮自主基準の適合」の記載なし

3) 原産国表示が「テープ:韓国、組立:インドネシア」、「GREAT FOR EVERY RECORDING」などの字体がゴシック調フォント、「日本記録メディア工業会の環境配慮自主基準の適合」の記載なし

があるようで、現行「UR」の原産国表示は「インドネシア」ですから、「よりコストの掛からない生産方法」へと段階的に移行していったものと思われます。

 

 

 

 

 これはmaxellの「UL」で、原産国は「テープ:韓国、組立:インドネシア」と記載されています。
 10min / 60min / 90minのバリエーションがありますが、管理人は、まだ「1本売り」は見たことがありません。
 「UR」と「UL」で位置付けがどう違うのか、管理人は良くわかっていなくて調査中ですが、maxellのwebサイトに拠れば、「UL」は生産が終了していて流通在庫だけのようです。

 

 

 

 

 これは、「Daiso」や「Seria」で販売されているものですが、中身はmaxellの「UL」で、ハーフには「maxell」「UL」と記載されています。maxellから発売されている本家の「UL」は、今のところ「1本売り」は見たことがありませんが、こちらは1本ずつ購入できます。
 本家の「UL」と同じく、原産国は「テープ:韓国、組立:インドネシア」と記載されています。
 何件かの100均で探してみましたが、本家maxellにあった「90min」は、このパッケージでは、まだ見たことがありません。
 本家の「UL」と同じく、これも「流通在庫だけ」なのかもしれません。

 

 

 

 

 これは、「Daiso」ブランドで販売されているもので、原産国はインドネシアと記載されています。
 「Daiso」という文字は外装フィルムにしか記載されていません。開封後は外装フィルムは捨ててしまうでしょうから、そうすると、誰が販売したものなのか全くわからなくなります。
 10min / 60min以外があるのかは確認中です。

 カセットを良く見ると、ハブが「UR」「UL」と同じもののように見えますし、ハーフも色は違いますが(乳白色/透明)、細部の形状を良く見ると「UR」「UL」のハーフが持つ特徴とよく似ています。
 ハーフの下部中央部分だけ「ネジ止めではない」というのも、maxellの「UR」「UL」と共通しています。
 なお、ケースはスリムタイプで、「UR」「UL」のものとは異なります。

 ハーフ上に「G-134」と印刷されていますが、「Daiso」で売られているCD/DVDケースなど、カセットテープ以外のものにも同様の表記が見られます。
 仕入先を表すコードのようなものではないか?と想像しています

 

 

 

 これも、「Daiso」ブランドで販売されているもので、原産国は「韓国」と記載されています。
 90min 以外の展開は、管理人は今のところ見ていません。

 

 このカセットテープのケースですが、ポリエチレンのような、ちょっと柔らかい材料で出来ていて、形状も他とは異なっています。

 

 

 

 

 これも「Daiso」ブランドのテープ (原産國:韓国) ですが、上のテープと似たハーフで、ケースも同様です。
 このテープと上のテープはインデックスカードの色が違うものの印刷内容が全く同じで、パッケージデザインが異なりますが、中身はほぼ同じ?かと思われます。
 このテープと上のテープにはレーベル下部中央に「K187」の記載が見えます。

 

 

 最近 (2017年9月) 、このテープの80minタイプも現れました。
 「新しいバージョンが出てくる」ということは、「今も売れている、需要がある」ということなのでしょうかね?
 予想外のコトで、「古いモノ好き」な管理人にとっては、「嬉しいコト」です。

 

 

 更に、このテープの90minタイプも現れました。
 地味な「抹茶色」のカラーリングですが、「新しいバージョンが出てくる」ということは、管理人にとっては、「嬉しいコト」です。

 

 これは、「Watts」や「ビックカメラ」で販売されていて、薦田 (こもだ) 紙工業株式会社から発売されているものです。
 「MADE IN KOREA」と記載されていますが、ハーフも色が違うものの上のものと同じ形状に見え、窓も同じ様に見え、更にケースが上の「Daiso」ブランドと同じで.....と、共通する部分が多いです。
 10min (紫) / 20min (オレンジ) / 60min (水色) / 90min (ライトグリーン) があります。

 

 

 

 

 これは、ビックカメラで販売されていたもの。10本で¥880です。
 輸入事業者が「株式会社 磁気研究所」で、原産国が中国です。
 大きな外装フィルムの側面には、サポートセンターのURL、e-mail、TEL (日本国内) が記載されています。

 

 昔はAMのラジオ番組を録音するために、「10本で¥1000」のテープを買っていたこともありましたが、かつての「AD-S」のようなハーフとシートが透明になったカセットテープが、(性能はともかくとして) 今では\100/本以下なんですね。
 今のご時世で「カセットに録音する人」というと、パソコンとかを使わない年配の方だけなのかもしれませんが.....

 

 

 

 これも上と同じ、「HIDISC」というブランドのもので、輸入事業者が「株式会社 磁気研究所」、原産国が中国と書かれています。
 でも上と下の2つの写真を見ただけで、3種類の「HIDISC」というロゴがあります。
 日本のメーカーだったら「商標登録」して、統一したものを使うと思うのですが、そのあたりは気にしないのですかね。 

 

 このカセットテープのハーフ上にも「G-134」と印刷されています。
 乳白色のハーフに「NORMAL POSITION TYPE I」という字体や、丸の中に記載された録音時間を示す字体が、「Daiso」のものと似ていますが、ハブやハーフ、内部のシートは異なっています。ハーフの下部中央部分も「ネジ止め」されていますしね。
 まさか.....とは思いますが、「Daiso」のテープに似せて作ったとか?

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ