カラーバリエーション (1)

 ここでは、カラーバリエーションを施したものなどを載せています。

 

 日立のカセットテープです。

 

 

 オーディオ用の高性能テープであれば、「Lo-D」ブランドで発売するところですが、これはそういった位置付けのものではないので、「HITACHI」ブランドで発売されたということなんでしょうね。

 

 

 クリップ部分の下部中央を引っ張ると、クリップが開き、外すことができます。

 

 

 クリップを挿入し、クリップの下部中央を押し込むことで、ハブを固定できます。

 

 

 「Lo-Dブランド」のテープといっても、おそらく「日立マクセル」からのOEM供給品なのだと思いますが、リーダーテープを見ると、「maxell」っぽいです。

 

 

 通常の四角いケースは無くて、クリップでハブを留めるようになっています。
 いつごろ入手したか覚えていませんが、実家にあったということは、管理人が就職する前の1980年代前半に購入したものかと思います。
 これと同じ様な色のカセットテープは「Victor」や「SANYO」などからも発売されていましたが、高性能テープでもないのに、ヤフオクでは「未開封品」が¥3000/本くらいで取引されることがあるようです。
 なんでこんなに高くなってしまったのですかね? まさかアニメ「けいおん!」の影響とは思えませんが.....

 

 

 最近、このテープの未開封品を入手しました。

 

 「FASHION TAPE」と称され、テープを保持する方法が独特で「PACLIP / パックリップ」と呼ばれていました。
 かつて管理人が購入したときも、こういったパッケージだったはずなのですが、全く覚えていません。

 

 

 この頃の「HITACHI」ロゴには、「亀の子マーク」が付いていましたが、今はこういった現代的なもの。

 

 

 

 これが裏面。

 

 

 「子供向け?」のようなパッケージングですが、「音楽専用テープ」が使われているそうです。

 

 

 

 左から「UL」「UR」「PACLIP」「UD I」で、「PACLIP」のテープの色は「UL」とは異なりますが、「UR」「UD I」のどちらにも近く、「UR相当」なのか「UD I 相当」なのかは判断できません。

 

 

 

 

 

 でも、ハーフ下部の特徴から、「UR相当なのでは?」と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 SONYのカセットテープです。
 発売当時に購入したものですが、他の色があったかどうかは、はっきりしません。

 

 

 開くと、こんな感じです。

 

 

 最近、この色を入手しました。

 

 

 「L」とは、「Light Blue」のことなのでしょう。

 

 

 ということで、管理人が知る限り、少なくとも「5色」のカラーバリエーションがあったようです。

 

 手前から「R」(Red)、「Y」(Yellow)、「L」(Light Blue)、「E」(Emerald Green?)、「B」(Blue) です。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

 

 これは、maxellが発売した「COLOR CLUB」というもの。 

 

 メタルテープなどは、ヤフオクで高値で取引されていますが、これは一般的な製品ですので、Amazonに出ていた在庫品を通常価格で入手できました。

 

 

 

 このテープはケースにも色を付けています。
 なおmaxellでは、「COLOR CLUB」という商品名で、カセットテープ以外にも、ビデオカセット、MD、フロッピーディスク、乾電池、CD-Rなどへの展開も行っていたようです。

 

 

 

 同様のものは「AXIA」ブランドにもありました。

 

 

これも、ケースには淡い色が付いています。

 

 

 

 

 これは、Victorの「MUSIC PALETTE」というカセットテープ。

 

 

 インデックスカードは、こういったデザイン。
 よく見ると、それぞれで背景の形が違いますし、配色を変えています。

 

 ケースにも淡い色が付いています。

 

 

 

 

 この「CUE」というテープは、カセットハーフ上の印字を見れば判るように、高性能をアピールしたものですが、高性能カセットには珍しく、外観は「白」を基調としています。 

 

 

 窓はアイボリーの半透明にしているので、こげ茶色のテープの色は「うっすら」としか見えません。「TDK!」のロゴからすると、1990年前後頃のものと思われます。

 

 

 ケースも「白」と「白の半透明」です。

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ