カラーバリエーション (5)

 これは、「おしゃれなテレコ」というキャッチフレーズで、管理人も持っているラジカセ「U4シリーズ」をヒットさせた「三洋電機」から発売されていた、「after school,」というカセットテープです。

 

 「直径の大きなハブ」を使っていますから、音楽専用のテープが使われているのかもしれません。

 

 

 上のテープを見て、「MA-R を思い出しちゃう」方も、いらっしゃるのでは?と思います。

 

 

 この「SANYO」のロゴは懐かしいでが、この方が見やすいでしょうか?

 

 Web上の情報に拠れば、1976-1986年に使われていたようで、管理人が「オーディオ機器に関心を持ち始めた頃」から「就職した頃」までに使われていたロゴになります。
 もっと前の頃は、「SANYO」だけのロゴで、「○ の中に Λ x 3 」はありませんでした。
 また、上の「SANYO」みたいに、右側にヒゲがついて斜体の「サンヨー」というロゴも併用されていたようです。

 

 

 

 

 管理人が知る限り「after school,」には、5つの「カラーバリエーション」があったようです。
 46min以外の展開があったかどうかは、判りません。

 

 

 

 手前から「C-W46(Y) / Yellow」、「C-W46(G) / Green」、「C-W46(B) / Blue」、「C-W46(P) / Pink」、「C-W46 (K) / blacK 」

 

 

 でも、こんな感じの方が「スッキリして、高級感があったカモ?」です。
 (フォトレタッチで、ハーフの穴部分を埋め、ハーフとハブの色を合わせてみましたが、実在しませんよ。)

 

 

 これは、ハブの色をやや薄くしたもの。

 

 

 これは、ハブの色をハーフとは別の色に変えてみたもの。
 「左右のハブの色が違う」と、管理人には「fashionable」とか「fancy」とかを通り越して、「子供向けのオモチャ」みたいに見えちゃうんですよ。

 

 

 

 側面には、小さいですが、犬 (「ダックスフント」でしょうか?) の絵が描かれています。

 

 カラーバリエーション展開された他のカセットテープのような、「ケースの色展開」はされていません。

 

 

 当時の「サンヨー製のラジカセ」にも同様の犬がいました。

 

 

 

 これがパッケージ。

 

 

 

 外装フィルムには「型番」と「バーコード」が印刷されているだけでしたので、開封しても「見た目」的には、殆ど変わりません。

 

 

 

 インデックスカードの形状も独特です。

 

 

 上の「黒バージョン」は、辛うじて読めますが、下の「黄バージョン」は、ちょっと読みづらいですかね。

 

 

 ラベルの貼り方が説明されています。

 

 

 

 こういった方法で「NORMAL POSITION」「MADE IN JAPAN」と表示されていました。

 

 

 

 

 よ~~く見ると、インデックスカードの表示も、色毎にそれぞれ異なっています。

 

 「お手伝い無しで.....」

 

 

 「テスト無しで.....」

 

 

 「宿題無しで.....」

 

 

 「お掃除無しで.....」

 

 

 「居残り無しで.....」

 

 日頃、ちゃんとやっていれば、「居残り」は回避できるのでは?と思いますが、高校に入学したばかりの頃の管理人は、「居残り」「追試」の常連だったように記憶しています。

 

 このカセットテープは、「外観がユニーク」なだけでなく「色展開」もされていて、特に「黄色」のバージョンは、管理人が「大好きなカセットテープ」の一つです。

 

 

 

 

前ページへ <   > 次ページへ

「カセットテープ トップページ」へ